人工知能 ~AIから個人情報が漏れる?~

あなたの好みを分析してアイテムやコーディネイトを選んでくれたり、車を運転したり…いろんなところで、人工知能(AI)が活用されてきていますよね。AIがその能力を発揮するには、大量の学習データが必要になるそうですが…もし、そのAIから個人情報が漏れるとしたら、どうしますか。そんな文書で始まるWebニュースが気になって記事を読んでみました。

AIは学習するデータに応じて、様々な能力を身に付けることができるそうなんです。そして、その学習するデータのなかには、買い物の履歴や顔の画像、立ち寄った場所の位置情報などプライバシーに関する情報や企業などが秘密にしたい情報があり、学習したデータを第3者が取り出せないようになっているそうなのです。しかし、そんな学習データが抜き取られるようなことがあったら。そうなんです。AIに対してサイバー攻撃が加えられ、ハッキングされれば学習データを再現されるかも知れないそうなのです。こうしたリスクや技術進歩に向けた課題を克服するための研究は日本だけでなく、海外でも行われているそうです。

スマホやスマートスピーカーなど、もう身近なものにも使われている人工知能などの技術、脆弱性やリスクなどの課題解決も技術の進歩に併せて進むと良いですね。